ここの国のココが好き!

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 ヨーロッパ 花のある暮らしを巡る旅 Vol.3

2018.1.12

オランダ、アムステルダムの街中には皆が気軽に購入できる、水上花市場、シンゲル花市場(Bloemenmarkt)があります。

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

シンゲル運河沿いにずらっと並ぶお店の数々。
このあたりの地域はアムステルダムの歴史地区として世界遺産にも指定されていて、
オランダ黄金時代の美しい建物が並んでいます。

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

この市場が始まったのは、実は1862年から。
とても歴史が長いのです。

花市場が始まったころ、花は船で運ばれていたので、運河沿いに固定した船を浮かべてお店が作られました。

設立当初から1960年代までは、鉢植えの商品が多かったようですが、だんだんと球根や園芸用品、切り花やお土産の取り扱いが増えて、今日に至るようです。
そんな歴史を垣間見ることもできるつくりです。

通り沿いを歩いてみると、切り花はもちろんのこと、

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

木でできたチューリップのならぶお土産屋さん、

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

普段日本のお花屋さんではさほど多くは見かけない、球根だけのお店も多くありました。

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

チューリップを中心に、色々な花の球根がならべられています。

実は、チューリップはもともとトルコ原産の花。
貿易でオランダに持ち込まれ、大人気になり栽培や品種改良が進んだため、オランダの象徴的な花になっています。

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

食虫植物のハエトリグサや、かんきつ類のレモンやオレンジの木など、本当に取扱い種類が豊富です!

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

野菜の種もありました。

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

レインボーローズの球根も…。
ちゃんと咲くのでしょうか!?
(ちなみに、切り花のレインボーローズは、もともとは白い花を染め上げたものです)

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

オランダらしいチーズのお店もあったり、街歩きには楽しい場所です!

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

オランダ シンゲル運河に浮かぶ花市場 スタッフ杉本のヨーロッパ出張記 Vol.3

シンゲル花市場(Bloemenmarkt)
Singel, 1012 DH Amsterdam
月〜土 9:00-17:30
日 11:00-17:30
トラム1番、2番、5番
Amsterdam, Koningsplein下車すぐ

RECENT POSTS