小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

2018.3.3

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

2月、ケニアを発って48時間、買い付け交渉のため、南米チリに入りました。今年初めての南米滞在です。
特にチリは、まさに日本の”真裏”といって過言ではなく、時差もちょうど12時間。(例:日本の朝7時がチリの夜19時)
季節も、南半球ということで、当然、今がまさに”真夏”ということになります。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

「チリは南米のようで南米でない」

というのはよく聞く言葉です。
実際、首都サンティアゴ(Santiago de Chile)にいると、その洗練された街並みなどから、僕も、少なからずそう感じます。

さて、今回の目的地は、首都サンティアゴからレンタカーで1時間半ほど西へドライブ、バルパライソ(Valparaiso)です。

道中には、ワインの産地として有名な”カサブランカ・バレー”もあり、なかなか飽きの来ないドライブです。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

そして、カサブランカ・バレーを越えると、いよいよ、太平洋が見えてきます!

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

チリが”縦(=南北)に長い”ことは有名ですが、実は面白いのは”横(左右)にも気候が異なる”ことで、過ごしやすい首都サンティアゴからわずか1時間半ながら、バルパライソに入ると、まさに、常夏というべき暑さが出迎えてくれます。
実際、たった1時間半のドライブですが、その間、カサブランカ・バレーを含めて山を2-3越える必要があるのです(といってもトンネルですが・・・)。
そして、山を越えるたび、景色が、空模様が変わるのです。
本当面白い!

特に2月は真夏ということもあり、また、僕の到着した日曜日には、ビーチが人で溢れていました。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

そんなバルパライソ、世界遺産の街としても知られ、丘の上からカラフルでおしゃれな街並みを見下ろしながらのランチは楽しいものです。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

また、世界で最も短距離?と思われるケーブルカー、”アセンソール”は、何かの雑誌などで目にされた方もあるのではと思いますが、実際、起伏の激しいバルパライソの街での人びとの暮らしには無くてはならないインフラの1つです。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

そんなバルパライソ、昨年は、取引先のご自宅に招待頂き、夕食をご一緒する機会がありました。
取引先のお父さん(ミゲルさん)は世界中のお酒を集めることが趣味ということもあり、家中がボトルに包まれ、チリワインを傾けながら楽しいディナーを過ごさせて頂いたことは今でも覚えています。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

そんな素敵な思い出があるからでしょうか、チリ、北から南までたくさんの街を訪れましたが、バルパライソは、特に思い入れのある場所の一つです。

地球の真裏へ~チリ・バルパライソ~

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。
これまで訪問した国は100か国以上。
このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS