農家さんの手仕事帖

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.1

2018.6.1

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

日本の皆さんこんにちは、南アフリカ・ケープタウンのブライアン・ミシェルです。

これから、南アフリカの花便りを定期連載させて頂くことになりました。
「世界の花屋」でも、昨年より、プロテア・ビーナスをはじめ、たくさんの南アフリカのお花を取り上げて頂いています。
でも、皆さんにとってはちょっと遠い国であろう南アフリカ、私の便りを通じて、少しでも南アフリカに興味を持ってもらえれば嬉しいです。

初回は、私自身のファームについて少しご紹介しましょう。
場所は、ケープタウンから車で1時間ほど、ステレンボッシュ(Stellenbosch)という街です。ここは別名”ワインランド”とも呼ばれ、たくさんの、南アフリカを代表するワイナリーがあります。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10 ※5月、小林邦宏さんと一緒にランチをしたGuardian Peak Winery

ステレンボッシュもそうですが、南アフリカ西部のこのエリアは、”ウエスタンケープ”と呼ばれ、実は、皆さんの生活と密接に繋がっているのをご存知でしたか?
ワイン、オレンジ、ルイボスティー、あと、もちろん、たくさんのお花。広大な南アフリカの中でも、ここウエスタンケープは素晴らしい気候に恵まれ、農業の盛んな地域なのです。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

さて、私のファームに戻ると、ステレンボッシュの街から丘を上がったところにあります。
私の栽培しているメインのお花は2つ。
プロテア・ビーナスと、キングプロテア・アークティックアイスです。

プロテア・ビーナス(Protea Venus)は、昨年の秋にも取り上げて頂きましたが、私の母パメラが愛を込めて育て上げた美しい赤色のプロテアです。
http://sekainohanaya.com/archives/57

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

ちょうど今週から、少しずつですが出荷を開始しました。
まだまだ初期ですが、これから楽しみにしていてくださいね。

キングプロテア・アークティックアイス(Protea Arctic Ice)は、プロテアの王様ともいうべき、キングプロテアの白色のものです。
とても大型ですし、真っ白に咲く姿は、やはり何度見ても惚れ惚れします。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

世界中で、ブライダルなどで非常に人気のある花でもあります。
こちらも、私の農園のものは徐々に出荷開始し、7-8月頃にピークを迎える予定です。

コラム初回である今回は、私の農園で期待している新品種を紹介しましょう。
それは、こちら!

プロテア・ナナ(Protea Nana)です。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

どうですか、皆さんの想像するプロテアとはちょっと違いますよね?(笑)
お花が垂れ下がった形で育ちますので、別名、”恥ずかしがり屋の花”とも呼ばれています。
世界で最も小さなプロテアです。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

今年、日本にも試験出荷する予定で、ちょうど、この5月、ウエスタンケープを訪問したチーフバイヤーの小林邦宏さんと話し合っていたところです。こちらも、是非楽しみにしていてください!

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

さて、そんな私ですが、趣味はやっぱり、ランニングやマウンテンバイクといったアウトドアスポーツです。
偉大な自然を誇るウエスタンケープを堪能するにはアウトドアで楽しむのが一番です!
週末には友人と共に、ステレンボッシュの私の農園の周りを25-30km走ってきました。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

あとは、サーフィンですかね。
こちら南アフリカは間もなく冬を迎えますが、ビッグウェーブの到来を今か今かと待っているところです。
それはまた、いつかのコラムで紹介させて頂きますね!

初回のコラム、楽しんで頂けましたでしょうか?
では、また次回にお会いしましょう。

ブライアンさんの南アフリカ花便り Vol.10

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS