花のある暮らしを楽しむためのTIPS

ドライフラワーの作り方

2018.7.4

世界の花屋でも大人気のドライフラワー。
ハーバリウム、スワッグ、アレンジなど様々にお楽しみいただけます。
http://sekainohanaya.com/archives/3196

生花があまり持たないこの時期に
お気に入りの草花で手作りドライフラワーを作ってお花を長く楽しみませんか?
世界の花屋スタッフ、小西がドライフラワーの作り方をまとめました。

ドライフラワーの作り方

まず、どんなお花がドライフラワーになるかご存知ですか?
バラやラベンダー、ユーカリ。
クリスマスリースやスワッグでよく使われているスギやヒバなどがドライフラワーになるのをご存知の方は多いと思います。
【その他】
アジサイ、エリカ、千日紅、ヘリクリサム、ミモザアカシア、エリンジューム、カスミソウ、カンガルーポー、ルリダマアザミ、リューカデンドロン、クラスペディア、ピンクッション、スターチス、バンクシア、アセビ、レモンリーフ、野バラ、バラの実、サンキライ、ビバーナムティナス

まだまだ他にも種類はありますが、
特徴としては水分が少ないものが綺麗にドライフラワーになります。
ガーベラや、チューリップなどの水分の多いものや、コスモス、パンジーの様な花弁が柔らかいものは形が保てず、色も茶色くなってしまうため、ドライフラワーにはあまり向いていません。
もし分からなければお花屋さんに聞いても教えてくれるので、聞いてみて選ぶと良いかもしれませんね!

ドライフラワーの作り方

はじめに下準備をします。
生花を少し楽しんだ後、バラなどの花は葉を多めに落とします。あまり多くついていると乾きにくくなり綺麗にできなくなるため、上の方だけ残して落としましょう。
全て取ってしまっても良いです。

ドライフラワーの作り方ドライフラワーの作り方

生花で楽しむ期間を長くしすぎると痛みはじめてしまうため、ドライフラワーを綺麗に作りたい方は飾る期間は少なめに。花弁の痛みや、葉のシミはそのまま残ってしまいます。
バラは少し咲いてきたぐらいが一番良い状態です。蕾が硬すぎても乾燥させている最中に蒸れてシミになってしまう場合があります。

1. 一本ずつ干しましょう。
生花を麻ひもやワイヤーで固定して一本ずつ干します。
少し間隔をあけて隣同士がくっつかないように干してください。
こうすることによって風通しがよくなり、一本一本が綺麗なドライフラワーになります。

ドライフラワーの作り方

2. 風通しの良い日陰がオススメです。
お部屋の日光が当たらない風通しの良い場所に干しましょう。
干しているところもオシャレなので乾燥させている間もぜひお楽しみください。

ドライフラワーの作り方

3. 1~2週間程でドライフラワーが完成します。

ドライフラワーの作り方

季節や置き場所によって少し変わりますが、だいたい2週間ほどで完成します。
お好きな花瓶に活けたり、ご自宅にあるマグカップ、空き瓶などに飾っても可愛らしくなります。

ドライフラワーの作り方ドライフラワーの作り方ドライフラワーの作り方

皆様いかがでしたか?
思っていたよりも簡単に作ることができます。
一輪挿しに数本飾るだけでも空間が華やかになりますよ!
ぜひお試しください。

【関連記事】 http://sekainohanaya.com/archives/3196

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS