小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

2019.6.16

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

3月、中央アジア・アゼルバイジャンに滞在しました。

実は、いまここでは新たなビジネス開発が積極的に進められます。
国を挙げて、“脱資源”へ舵を切っているといえるでしょう。

そんなアゼルバイジャンの新規開発のテーマに、なんと、“バラ”もあるのです。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

場所はアゼルバイジャンから車で片道4時間ほど、コーカサス山脈の麓です。
この山を越えるとそこはもうロシア、そんな国境付近でもあり、我ながら、よくぞこんな僻地まで来たと思わず苦笑い。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

衝撃を受けたのは、そんな僻地に、突然、最先端のバラ農園が現れたのです。
オランダ企業から支援を受けた、世界最先端の技術を誇るバラ農園。
特に冬場は寒いアゼルバイジャンですので、24時間照明が施されています。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

正直言って、茎のしっかり感などはやはりケニアなどには及びません。
でも、頭の大きさはなかなかの仕上がりです。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

アゼルバイジャンのバラ農園の目的地は極めてはっきりしています。そう、ロシアです。世界で最もバラ好きな国といって過言ではないロシアです。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

空路で2-3時間ですし、かつ、アゼルバイジャンはCIS加盟国。ロシアへの通関もスムーズ。
そんなわけで、このコーカサスの麓で育ったアゼルバイジャンのバラがモスクワやサンクトペテルブルクのお花屋さんに並ぶ、、、花の世界の国際競争も本当に激しいなと改めて感じました。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

現地の方も手応えを感じているようで、今後は更に作付面積を拡大させていくとのこと。スタッフの方が梱包作業をしているのを眺めてて、静かなる自信を感じました。

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

自然環境に恵まれた緑あふれる中央アジア、アゼルバイジャンの動きには要注目だと思っています!

新たなバラ大国?~アゼルバイジャン・カバラ~

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。これまで訪問した国は100か国以上。このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS