小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

2019.6.23

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

先週に続き、中央アジア・アゼルバイジャンのお話です。

カスピ海に面したアゼルバイジャンの首都バクーは、第二のドバイとも言われ、いま、世界的に非常に注目されている都市です。

僕が訪れた3月は、1か月後にF1 アゼルバイジャンGPを控え、準備の真っただ中。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

こんな狭い街をF1カーが爆走するのか・・・と思いながらバクーの街を散歩していると、気になることがあります。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

そう、お花の装飾が非常に多いのです。
実際、とある高級ショッピングモールの中にはかの有名なジェーン・パッカーもバクーにお店を出していました。

クオリティは伏せますが、この街はお花好きなのではないか、そう感じずにはいられなくなってきたところ、1軒のお花屋さんを発見。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

お会いしたのは、オーナーのアマードさん。
数日しか滞在していませんが、典型的なアゼルバイジャン人といった方で、表情にはなかなか出ませんが、中にとても優しいホスピタリティを持たれた方です。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

首都バクーの中心部ということもあり、プレゼント用のフラワーアレンジメント、フラワーブーケを買い求めるお客さんが多いとのこと。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

見た目はよくないですが、確かに、店内には箱が雑然とですがたくさん置かれています。
そう、これはボックスフラワーに使うのですね! 背景を知って納得!

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

ちょうどこの時期は、アゼルバイジャン産のチューリップを多く見かけました。
色鮮やかで美しい!

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

ここでも見かけたバラはケニアのもの。いやー、ケニアのバラは本当に世界中で見かけますね。。。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

冷蔵庫の中も外もお花でぎっしり。お花の鮮度管理にも細心の注意を払っていることが伺えます。

アマードさん曰く、とにかくアゼルバイジャン人はいつでもお花を求めるとのこと。

第二のドバイのお花屋さん~アゼルバイジャン・バクー~

そんなお話を伺い、ますますこの国が好きになりそうです。

ドバイのように、今後の更なる発展で、この国の、そしてバクーのお花の装飾がますます盛んになること間違いなしなのでは、と個人的には思いました。

<お店の情報>
Flowers of Baku
1000, 10 Alexander Pushkin, Baku, Azerbaijan
TEL: +994-12-493-9193

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。これまで訪問した国は100か国以上。このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS