小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

2019.3.3

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

タイ・バンコクの中心部からやや北西、チャオプラヤー川に面したエリアに、タイ・バンコクを代表する花市場があります。

バンコクでの滞在時、時間を見つけて様子を見てきました。

一般的にはパククローン花市場(Pak Khlong Talat)と呼ばれているエリアです。

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

大通りに面してお花屋さんが並びます。

(どれどれ・・・)

まずは観察。

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

印象深いのは、カーネーションが多いこと。見た感じ、中国産かな? 雲南省から陸続きだし・・・

そしていよいよ、市場の中へ・・・

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

まあなんというか、タイ、いや東南アジアらしい市場です。

雑然としてて、様々なものが入り混じった臭いがする、でも、どこかエネルギッシュ。
個人的には、嫌いでない雰囲気です。(笑)

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

市場を見ていて気づきました。

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

デンファレ、フラワーレイ、そしてマリーゴールド。
更に僅かながら菊やカーネーション。

(そうか、タイの花市場はお供え花で成り立っているのか・・・)

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

僕もいろんな国の花市場を訪ねてきましたが、プレゼント用のブーケやフラワーアレンジメントなどを想定した花市場が多い、というか殆どです。でも、ここバンコクの花市場は、お供え花で成り立っている。

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

このあたり、デンファレやモカラ、バンダなどの洋蘭がタイの仏教とともに歩んできたという、タイ独特の”花のある暮らし”を感じることができてとても興味深く覚えました。

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

もちろん、いまのバンコクは大都会ですし、お花の使われる用途は様々ですが、こうして、今もお供え花として市場が成り立っているということに、タイが敬虔な仏教国であることを感じずにはいられず、改めてタイという国にリスペクトを覚えました。

バンコク中心部からも近いですし、タイがお花と共に歩んできた歴史を感じるには最適な場所だと思います。機会あれば是非足を運んでみてください!

歴史ある花市場へ~タイ・バンコク~

<市場の場所>
パククローン花市場(Pak Khlong Talat)
住所:Chakkraphet Rd, Khwaeng Wang Burapha Phirom, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。これまで訪問した国は100か国以上。このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS