小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

2019.11.17

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

8月、所用あり訪れたラオスの首都ヴィエンチャン。
メコン川が静かに流れ、川の向こうはタイ。
そう、ここは首都でもあるのですが国境でもあるのです。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

お花の仕事を始めてからラオスに来るのは初めてだったので、

(どんなものかな・・・)

と思いながらヴィエンチャンの街を歩いてみる。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

地理的背景はちょっと分からないのですが、ヴィエンチャンの中心部の少し東側にお花屋さんが並んでいる場所があります。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

第一印象としては、典型的な仏教国というべきか、

(ああ、お供え花の文化だ・・・)

という印象。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

菊や百合などの使い方が典型的。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

でも、中にはバラのブーケもあり、少しずつ花文化の変化を感じられて興味深い。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

“これらのお花ってどこから来ているのですか?”

片言のタイ語と英語を交えてお店の人に聞いてみる。
(※ラオスではタイ語が通じます)

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

すると、タイとの国境ながら、お花の流通経路は中国雲南省やベトナムのダラット高原が多いということが分かる。

確かに、ベトナムや中国も隣国だから不思議なことではありません。
でも、ここまでタイの近くなのに、お花は(タイでなく)中国・ベトナムからやってくるのか・・・実際、タイを代表するお花であるデンファレなどの洋蘭系は見かけません。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

決して大きな国ではないですが、この国も少しずつ発展しています。
今後、お花の文化にも更なる変化があるのでしょうか。。。

ラオスの花文化~ラオス・ヴィエンチャン~

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。これまで訪問した国は100か国以上。このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS