小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

2020.1.19

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

10月末、北欧スウェーデンの首都ストックホルムにステイしました。

湖畔に広がる美しい街並みに魅了される方はとても多いと思います。
そして、最近ではインテリアを中心に、”北欧デザイン“もトレンドですよね。

冬の入りともいえるストックホルムの朝、訪ねたのはストックホルムの中心部、ヒュートリエット(Hotorget)のマーケット。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

ここに朝から沢山のお花が並ぶんです!

季節は秋の終わり、肌寒い朝を吹き飛ばしてくれる壮観な景色がここにあります。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

お店を眺めながら歩いているとフレンドリーに声を掛けてくれる店員さんたち。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

聞いてみると、殆どのお花がオランダの花市場から送られてきているのだとか。

とにかく、この花市場の売りはカジュアルさ。
状態の良いお花やブーケをリーズナブルな価格で購入できるのです。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

バラはケニアから。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

そして、最近はアジサイが人気とのこと。
時期的に、これはコロンビア産かな?

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

スカンジナビア半島は隠れたお花好きのエリアだということは、ケニアなどの産地では聞いてみましたが、実際、このヒュートリエットのようなお花の露店はストックホルムの他のエリアでも見かけます。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

(産地で聞いた話は本当だったんだ!)

そして、朝のストックホルムの楽しみは、そんなお花を眺めた後にカフェでのひと時。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

ストックホルムは、知る人ぞ知るカフェのレベルの高い街。
コーヒーが美味しいことはもちろんのこと、いかにも“北欧デザイン”というべき、シンプルかつ実用的なインテリアのカフェが街には沢山あります。

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

お花とコーヒーで楽しむストックホルムの朝、機会あれば是非お試しください!

花とコーヒーの朝~スウェーデン・ストックホルム~

<お店の情報>
Queen Bee Flower Shop
2820 Granville Street, Vancouver, BC, V6H 3J5, Canada
TEL: +1-604-733-0060

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。これまで訪問した国は100か国以上。このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS