小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

2018.3.25

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

2月、コロンビアでの買い付けの日々を終え、空き時間が1日出来ました。 そうなると、仕事のリフレッシュも兼ねて、どうしても行きたいところがあります!

カリブ海の島、キュラソー(Curacao)。 コロンビアの首都ボゴタからは飛行機で1時間ちょっと、意外と近いのです。今回が2回目のキュラソー訪問でした。

そんなキュラソーの玄関口が、ハト国際空港。 到着ロビーに一歩足を踏み入れると、陽気なカリビアンな雰囲気に包まれます。既に僕のテンションも上がっています(笑)

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

僕が滞在するのは、キュラソーの中心部、ウィレムスタット(Willemstad)。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

世界遺産としても知られているので、この街並みを写真などで目にされたことのある方も多いかと思います。

折角なので、ウィレムスタットの中心に位置する、Queen Emma Bridgeも含めてもう1枚。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

カラフルで、でもどこかコロニアルな雰囲気の残るおしゃれな街です。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

特に用も無いのに、歩いているだけで楽しくなる。 各建物の色合いが絶妙で、一体、どうしてこういう街になったのか、不思議で仕方がない。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

さて、そんなキュラソーにはもう一つのお目当てがあります。

それが、、、

イグアナ!

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

この島のシンボルでもあり、ウォーターフロントには、イグアナをモチーフにしたカフェもあったりします。 実際、この島のヒーローである、プロ野球・ヤクルトのバレンティン選手も大好物だとどこかのネットで見たこともあります。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

ところが、このイグアナ料理、ウィレムスタットの街には、あるようでなかなか無い。。。

実は前回来た時も探し回ったのですが(笑)、そんなこともあり、2回目の滞在である今回は、場所は分かっています!

お目当ては、ウィレムスタットの町にあるオールドマーケット。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

この、いかにもローカルな雰囲気漂う場所で、イグアナ料理を食すことができるのです。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

今回は、イグアナのシチューにしてみました。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

待つこと数分。キュラソーの皆さんの笑顔と共にサーブされてきました!

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

ゲテモノ系に見えますが、実は、これ、あっさりしていて本当に美味しいのです。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

唯一の欠点は骨が多いこと。 でも、イグアナを食べると、

(ああ、キュラソーに来たなあ)

と感慨に浸ってしまいます。(笑)

念のため、そんなキュラソー、もちろん、海も蒼くてリフレッシュできます。 むしろ、旅行者の大半はイグアナ目当てではなく蒼い海目当てのはずですので(笑)、念のため。。。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

気候だけでなく人も温かい、コロンビアから僅か1時間ちょっとでたどり着くカリブ海。

意外と、ここがいま、世界で一番のお気に入りかもしれません。 僅かな時間ですが、リフレッシュして、再びバイヤー生活に戻りました。

世界遺産とイグアナと・・・~キュラソー島・ウィレムスタット~

小林邦宏
「世界の花屋」の仕入担当として、日々、海外を飛び回っています。
これまで訪問した国は100か国以上。
このコラムでは、本などには書かれていないその土地の魅力を随時取り上げていきたいと思います。
instagram: @kunihirokobayashigp

PRODUCTS

農家さんが心を込めて育てた草花を商品にしました。お部屋での飾りやすさを大切にデザインしています。

MORE ITEMS

RECENT POSTS