農家さんの手仕事帖

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

2017.11.20

こんにちは、ソジャンミ農園のケタン・ジェラスです。
赤道直下のここケニアではありますが、それでも、微々たるものですが季節の変化はありまして、10-11月は、軽い雨季にあたります。嬉しいことに、今年は例年通りの雨が降りました。バラにとっては雨は決して良いものではないのですが、1-3月の乾季を前に、この時期に雨が降ることは、1年間というスパンで農園をみるととても大切なことです。ですので、これからも、素晴らしいバラを皆さんにお届けできそうです。

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

お花に関わる人間にとって11月は重要な月です。それは、オランダ・アムステルダムにて世界最大のフラワーショーがあるからです。私たちソジャンミ農園も、例年通りにフラワーショーに参加し、世界中の皆さんからたくさんの良いご評価を頂きました。
実際、私たちのバラは、世界最大の花市場であるオランダ・アールスメール市場で取引されるバラ全体の5%を占めており、非常に嬉しいことに、品種の良いブランドとして皆さんに認知されています。

私たちは、日々たくさんの新しい品種のバラを開発・栽培しているわけですが、今回は、そんなオランダのショーで人気の多かった二つの品種をご紹介します。

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

このバラは、前回のコラムでもご紹介しましたが、今回のオランダの展示会でも高い人気を得ました。実際、六本木ヒルズでの「生活のたのしみ展」にても、このバラが一番人気だったと聞き、オシャレに敏感な日本の皆さんにも強く受け入れられたことを嬉しく思います。
写真は、日本から送ってもらった六本木ヒルズでの写真を拝借しました(笑)
いま、急遽、この品種の栽培を増やし、たくさんの日本の皆さんのお手元に届くよう頑張りますので、楽しみに待っていてくださいね! 

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

もうひとつ、人気を集めたのがこのガーデンローズです。
少しピンクがかった色なのですが、開くときの姿が本当に美しいのです。
日本の皆さんは花の開く様を大切にすると聞いたことがありますが、この品種はうってつけです。たくさんの方に楽しんで頂けると確信しています。
こちらも、デビューまでもう少し待っていてください。

さて、先週末、オランダからケニアに戻ってきたのですが、夜、仕事をしていると、幸運なことに大きなフクロウが飛んできたのです。
もう、本当に興奮しました(笑)

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

これは“アフリカワシミミズク”と呼ばれるフクロウで、非常に珍しい種なのです。
ちょうど、庭の虫をついばんでいるところでした。
オランダの展示会の成功とケニアのフクロウ、バードウォッチング好きの私にとっては、ダブルでの嬉しい一週間となりました。

鳥が大好き!ケタンさんのソジャンミ農園の日々Vol.2

それでは!

RECENT POSTS